ホーム > 育児 > 幼児の便秘解消法としてよく使われる綿棒浣腸とは?

幼児の便秘解消法としてよく使われる綿棒浣腸とは?

 

幼児の便秘は決して珍しいことではなく、むしろ頻繁に起こることと言えます。大人でも便秘をすると辛いものですから、親としては自分では何も出来ない幼児の便秘を見ているのは辛いことでしょう。

 

小さい赤ちゃんに負担をかけることなく便秘を解消できる方法を、一つでも多く知っておくことは親の大事な仕事です。ですので、幼児の便秘に関する知識をしっかりと蓄えましょう。

 

幼児の便秘解消法で一番ポピュラーなのはマッサージですが、それでも便秘が治らないこともあります。

 

大人同様に、幼児が便秘になる原因もいろいろなので、マッサージをしても効果がないことがあるのも当然と言えます。そんな時は綿棒浣腸を試してみましょう。

 

 

綿棒浣腸は、幼児の便秘解消法としてよく使われるもので、肛門に刺激を与えて排便を促す方法です。

 

 

綿棒浣腸のやり方は、まず綿棒と肛門にベビーオイルかオリーヴオイルをたっぷりと塗ります。そして、肛門に綿棒の綿球が隠れるぐらいまで、ゆっくりと優しく挿入していきます。

 

挿入したら、力を入れないようにしながら、肛門を優しく広げるような感じで回しましょう。こうすることで、肛門から腸に刺激が伝わってぜん動運動が促進されて、便が排出されやすくなるのです。

 

幼児の場合、便通が促されてもコントロール出来ないので、綿棒浣腸の途中で便が出てくることがあります。ですので、綿棒浣腸をする時は、いつでもウンチが出ても大丈夫なように新聞紙やビニールなどを敷いておきましょう。

 

ただし、肛門に傷があったり、出血が出たらすぐにやめてください。幼児の便秘には青汁こちら

 


関連記事

  1. 幼児の便秘解消法としてよく使われる綿棒浣腸とは?

      幼児の便秘は決して珍しいことではなく、むしろ頻繁に起こることと言え...

  2. 乳幼児の便秘を解消するため気をつけたいこと

    子供の便秘はいろんな原因が考えられます。 子供は水分をとらないことがとても多いで...

  3. 初期の離乳食の作り方

    子供にそろそろ離乳食を与え始めなければならないが、何をあげたらよいかわからないと...