ホーム > 育児 > 初期の離乳食の作り方

初期の離乳食の作り方

子供にそろそろ離乳食を与え始めなければならないが、何をあげたらよいかわからないと悩んでいるお母さんも多いでしょう。

 

子供が生まれてから5ヶ月から6ヶ月目が離乳食を始める時期と言われており、初期に子供に食べさせる物は、口を閉じて飲み込めるものでなければなりません。

 

最近ではそんなに急いで始めなくてもいいということが言われており、赤ちゃんのペースに合わせて進めていくことが大切だと言われています。

 

初期は子供が口を閉じて物を飲み込む訓練をしているので、離乳食だけでは栄養が足りないと感じれば、母乳やミルクなどを与えてバランスを取るようにする必要があります。

 

また、朝・昼・夜と与える必要はなく、お昼の1回だけ与えるようにしていくことによって、子供も嫌がることなく、お母さんも準備に時間を取られることがありません。

子供のことなので、じっくり時間をかけて慣れさせる必要があるので、他の子供と比べて食べるのが遅いから無理に食べさせる必要はありません。

 

離乳食初期は赤ちゃんが初めてミルクやおっぱい以外のものを口にする大切な時期です。

赤ちゃんがおいしく楽しく離乳食を食べてくれるように、優しく話しかけながら食べさせてあげましょう。

 

初期の離乳食は手作りをしたいと考えるママが多いですが、どんな食材をどのように作ればいいのかわからないという人もいるでしょう。

 

初期に食べさせる物は、塩分が濃い物は食べさせてはいけません。 まだ、肝機能が成長していないこともあり、負担がかかってしまうからです。

 

初期で基本となるのが10倍がゆです。

作り方は簡単で、お米の10倍の水で炊くだけです。

 

お鍋でコトコト煮て作ることもできますが、まとめて作る場合は炊飯器のお粥モードが便利です。

 

小分けにして冷凍保存ができるので、忙しいママにおすすめです。

 

野菜はほうれん草やニンジン、ジャガイモやかぼちゃなどを柔らかく茹で、裏ごしします。

野菜の茹で汁は、裏ごし野菜の固さ調節に役立ちますので、捨てずに取っておきましょう。

 

固さの目安はスプーンからポタッと落ちるくらいがちょうどいいです。

食べづらそうにしている場合は少し茹で汁などを足し、ゆるめにしてあげましょう。

 

子供が口を閉じて飲み込みやすい程度にしておかなければならないので、柔らかさは子供に与えながら確認していく必要があります。

 

仕事が忙しく、料理することができないという方は、市販されている離乳食を購入して与える方法もあります。乳児 湿疹 薬